HAB 北陸朝日放送

テレビは5chHAB(北陸朝日放送)

LINEで送る

RSS

下田武史の初球から送りバント

S/Jリーグ・金沢大会2019

2019年12月9日

きのう金沢市で開催されたバドミントンS/Jリーグの公式戦を取材してきました。

男子の金沢学院クラブは、JR北海道と対戦。
最終・第2ダブルスの最終ゲームまでもつれる大接戦となりましたが、金沢学院クラブが勝利!地元ファンに勝利を届けました!

sports_badminton_racket_shuttlecock

第2ダブルスで再三にわたってジャンプスマッシュを決めるなど大活躍した新人・中田政秀選手。

私もバドミントン経験者なので、団体戦の最後の最後を任されてミスが許されない状況の重圧は、なんとなくわかります。※私は任されたことはありませんが…

チャンス球が来ても、重圧の中で手が縮こまって、なかなか強打はできません。「打ち損ねたらどうしよう…」なんていう雑念が頭をよぎったら、手元にわずかな狂いが生じてしまうのです。

sports_badminton_shuttle

しかし、その状況でもガンガン強打しまくった中田選手。見ていて気持ち良かったですねー。

彼の背番号は46。
8人しかいないチームで、ほかの選手はほとんど1桁番号を背負っているのに、なんでこんなに大きな番号を背負っているのだろうか-

試合後、聞いてみました。

すると「46といえば、何でしょうか?」

嬉しそうに逆質問をしてくる中田選手。

中田:ほら、アイドルの…

下田:あー、なるほどなるほど

中田:僕大好きなんですよー

下田:そういうことねー。それで46!納得納得。

それ以上は聞きませんでした。そうかそうか。46を背中に背負うぐらい大相撲の第46代横綱・朝潮太郎の大ファンなのね。

さて、そんな話は置いておいて…

地元ゲームに闘志を燃やす金沢学院クラブ・坂井一将選手に焦点を当てた特集を放送します。

sports_badminton

今月11日(水) 午後5時36分~の
HABスーパーJチャンネルの中で放送予定です!

一流選手のプレーは迫力があって、なんといってもストレートにかっこいいです。ぜひご覧ください。

七塚中央公園で考えた

2019年12月4日

先日、子どもを連れてかほく市の七塚中央公園に遊びに行きました。

大型遊具があるし、とても楽しめる公園です。

そんな中で、平均台のように、バランスを保ちながら角材の上を歩く遊具に挑戦する娘。

DSC_1554

角材の太さは一定ですが、少し傾斜があって、徐々に高くなっていきます。

地上15cmぐらいの時は悠々と歩いていた娘も、1mぐらいになると、怖くて歩けなくなりました。

泣き叫ぶ娘。

これを見て、ふと考えました。

歩く道の幅は同じなのに、怖くて歩けなくなるということは「落ちたらどうしよう?」という恐怖感が、歩けなくしているのです。

DSC_1555

まっすぐ歩く能力はあっても、怖いと思うと歩けなくなる。

ここに、われわれの人生においても重要なヒントが隠されていると思います。「失敗したらどうしよう…?」という恐怖心が、その人の行動を制限してしまっているのです。そこで恐怖心を持たずにチャレンジできた人だけが、成功をつか…←わかったから娘を早く助けろよ

下田武史

HABアナウンサー

下田武史

しもだたけし

誕生日:2月10日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:江戸川大学
担当番組:「HABスーパーJチャンネル」水キャスター
「ゆうどきLive」金曜MC
「高校野球中継」など
特技:送りバント(三塁線にきっちり転がします)柔道弐段(切れ味抜群の鮮やかな受け身が持ち味)

ブログトップへ

過去の日記